社員の声

総合職(設計)鉄塔事業部・交通製品事業部

先輩社員の声 (鉄塔事業部 製作設計部 Tさん)

先輩社員の声
先輩社員の声

一日のスケジュール


  9:00 始業 メールチェックを行い、図面に関する問い合わせに回答を返す。




11:00 通常業務 新設鉄塔の図面製図作業を行う。




12:00 休憩。食堂で昼食を取る。




12:45 休憩終了。客先へ書類の提出をしたのち、製図作業の続きを進める。




15:00 加工のための資料と図面の照合検査を行う。




17:00 行った照合検査の記録を作成する。




17:45 本日分の業務が終わったことを確認して退社。



インタビュー

    担当業務について

現在は主に新設鉄塔(新しく設置される鉄塔)の設計を担当しています。具体的には事前の打ち合わせ・図面の作成・現寸・加工データ作成・生産用の資料作成等を行っており、鉄塔の部材を実際に加工するまでの業務を担っています。



    仕事との出会いとギャップ

元々設計関係の仕事をやりたいと思っており、職場見学を申し込みました。職場で実際の鉄塔図面を見た時には難しくて分からなかったのですが、具体的に何を作っているのか、ということを見せて貰ったことで面白そうだなと思い応募したのを覚えています。

実際に仕事に就くと鉄塔の設計ではCADと専用プログラムを使いますので、入社前に持っていた「イチから全て設計する」というイメージよりは難しくなかったです。ただ、会社では学校とは違って専門を中心に狭く深く学ぶことになるので、その点は違いを感じました。



    仕事のむずかしさとやりがい

現在学んでいる最中の「展開」という作業が難しいです。これは鉄塔の部材を正確に測るための特殊な技術で、鉄塔の内部構造を二次元上の図に落とし込む作業です。経験豊富なベテランの方がこの技術を担っていますので、助言を受けつつ鋭意勉強中です。

学ぶ機会は多いのですが、実際に今まで身についていなかった技術を勉強し、それが結果として仕事の遂行に繋がると達成感があります。また、こうして自分が学んで進めた仕事に対してお給料が支払われた、と考えるとやり遂げた甲斐がありますね。



    求職者の皆さんへ

最初のうちは何もわからないので、すごく苦労すると思います。ただ自分から聞いていけば先輩方は教えて下さるので、そうして慣れていくと仕事は徐々に楽になっていきます。是非、周囲の協力を得ながら継続していくという意識を持って、一緒に学んでいけたら良いなと思います。



総合職(営業)交通製品事業部

先輩社員の声 (交通製品事業部 大阪営業課 Mさん)

先輩社員の声
先輩社員の声

一日のスケジュール


  8:45 出社 メールチェックをし、本日の出荷製品を確認する。




  9:00 始業 協力工場へFAXし、製品製作の見積もり依頼をする。




11:00 営業先へ訪問の準備をし、出発する。




12:10 出先で昼食を取る。




13:00 2~3件程営業先を回り、客先の担当者と情報交換・案件の打ち合わせをする。




16:00 その日の予定分が終わったら帰社。メールチェックをし、客先の見積もり依頼へ回答を返す。




17:45 次の日の作業を確認し、退社。



インタビュー

    担当業務について

交通製品事業部の大阪営業として働いています。私が担当しているお客様とのやりとりが主な業務ですが、工務課(製品の品質管理・出荷を担当する部署)の方々が出張等で不在の際には製品の出荷業務の応援に行くこともあります。


    仕事との出会いとギャップ

鉄鋼関係のメーカー志望で就活をしていました。会社説明の中で、製作する交通製品のひとつひとつが身近ながらも特注品であると知り、自分が手掛けた製品を間近で見られるという喜びが得られると感じて入社を決めました。

入社前にはいわゆる「飛び込み営業」があると思っていたのですが、経験する機会はありませんでした。そのほか、業界の「繁忙期」についてイメージができていなかったのですが、実際の業務を通してその忙しさと動きを実感することになりました。



    仕事のむずかしさとやりがい

仕事では、納期の調整が難しいと感じています。作り手である工場側と客先の事情を聞き、調整をしなければなりません。特に繁忙期は時間の調整がシビアになるため、いかに双方に納得してもらえるか、という点に心を砕いています。

一方でその難しい仕事を進めていき、自分が携わった製品が実際に街中へ設置されているのを見た時には、仕事が終わったという安心感だけでなく「人の役に立つ」ものに関わったというやりがいを感じることができます。



    求職者の皆さんへ

ものづくりに携わる、ということには難しさもあります。営業は、ものづくりに不可欠な作り手の方々の橋渡しとして最善を尽くさなければなりません。しかし実際に仕事で関わった製品が、間近で目に見える大きなものとして完成した時には大きな達成感を得ることができます。これから入社される皆さんには、この達成感を一緒に味わって貰いたいと思っています。